早めに取得するべき運転免許

運転免許はいつ必要になるか予測ができないもので、30代から40代以降になって取得を決意する方も少なくありません。例えば運転免許を保有している家族と同居している時は不便を感じなくても、一人暮らしをするようになって急に欲しくなるケースは多いです。
看護師の多くは女性であり、仕事と家事を両立している方が目立ちます。仕事帰りに買い物に行くにしても、マイカーがあった方が良いのは確かでしょう。

クルマの運転免許は、18歳以上になれば取得できます。理想は、運動神経が良い年代の18歳から20代のうちに取得することです。
年齢を重ねるほど新しいことにチャレンジするのが難しくなり、身体がついていかなくなります。補習が増えたり挫折したりする要因になるので、将来的に運転免許取得を考えている看護師は、早めに取得するのがおすすめです。
運転免許があれば、在宅看護やケアマネージャーとして働く上でも有利でしょう。

現在はオートマ限定の免許も普及していますが、おすすめはマニュアルでの取得です。
マイカーはオートマしか乗らないという看護師であっても、仕事の関係からマニュアル車で患者さんの送り迎えをしなければならない状況になることはあります。また病院のクルマを移動させる場面に遭遇することを考えても、やはりマニュアルで取得しておくと有利です。
オートマの限定解除をしたい場合、運転免許試験場や指定自動車教習所などで可能です。限定解除の講習は教習所内で実施され、路上講習は行われません。