看護師が車通勤するメリット

看護師の仕事でクリニックや医院勤めの場合、患者さんの人数によっては定時で終わらないこともしばしばあります。
病棟勤務であれば時間になるとスタッフと交代しますので、定時で上がれることも多いでしょう。しかし交代制の勤務なので、夜遅くの退勤や朝早い出勤もあり、公共交通機関を利用して通っている方は時刻表が手放せないことでしょう。
そんな時、運転免許を持っていればマイカー通勤ができ、電車やバスの時間を気にすることなく通勤することができます。

マイカー通勤するうえで大きなメリットは、公共交通機関の時刻表に合わせて行動しなくて良い点です。忙しい朝も夜遅い時間でも関係ないので、とても精神的に楽になります。
また車は冷暖房を完備しているので、夏場は冷房・冬場は暖房を付けることにより、365日快適に通勤できます。

結婚してお子さんのいる方は、マイカー通勤することにより寄り道がしやすくなるので、保育園の送り迎えもしやすくなります。また、仕事終わりにスーパーに寄って買い物もしやすくなり、重い荷物の持ち運びも非常に楽になります。
時間を上手に使えるようになることが、マイカー通勤の大きなメリットと言えるでしょう。

しかし、マイカー通勤をすることで、交通事故を起こしてしまうこともゼロではありません。また、車を維持するためのメンテナンス費用や税金もかかってきます。
また、職場がマイカー通勤不可の職場もあるので、事前に確認したうえで検討する必要があります。
このような注意点はあるものの、マイカー通勤がもたらす看護師へのメリットは非常に大きいため、運転免許は取得していた方が良いでしょう。